あまとろくん一覧

Are you gonna go my wayのギターリフをタブ譜付きで解説

まずは3弦の2フレットをチョーキングし、チョークダウンした直後にプリングで開放弦を鳴らします。はじめのうちはチョークダウン直後のプリングの音が上手くでないと思います。あとはチョーキング時はプリング時に他の弦を鳴らしてしまいがちなので、右手を上手く使ってミュートすることも大切です。

Led ZeppelinのCommunication Breakdownのギターリフをタブ譜付きで解説

ハードロックやヘビーメタルの原型になったギターリフです。ストレートでシンプルでありながらカッコイイしスピード感があります。そして簡単に弾けちゃうのもいいです。6弦の開放弦を弾く時はブリッジミュートしながら弾き、パワーコードはミュートせずに弾きましょう。

ギターチューナーBOSS TU-12EXをおすすめする5つの理由

音を出したときに針が動く感度が良いです。弦を弾くとすぐに反応します。まずエレキギターでシールドを差し込んで試し、アコギの生音でも試しましたが両方とも感度が良かったです。針の動きもアナログならではのゆっくりした動きも好きですね~。チューニングが合うと音で知らせてくれる機能も便利です。

ギターのFコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説します

人差し指で1弦、2弦、6弦の1フレットを押さえます。人差し指をナットが側に傾け指の側面で押さえるイメージです。全ての弦の1フレットを人差し指で押さえてしまってOKです。1本の指で複数の弦を同時に抑えることをセーハというのですが、これがはじめは難しいっ。慣れないうちはきちんと押さえられず音がでないです。

ギターのEコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説します

3弦の1フレット、4弦の2フレット、5弦の2フレットを押さえる指は寝かせないで立てるようにして押さえましょう。特に人差し指を寝かせてしまうと、1弦と2弦がミュートされてしまい、コードの響きが変わってしまうので注意が必要です。EmやEm7など簡単なコードが多いので指慣らしにぜひチャレンジしてみてください。

ギターのCコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説します

ギターのCコードの押さえ方を画像付きで解説していきたいと思いますっ。メジャー、マイナー、セブンスなどを含めた6種類のコードです。Cコードはローコードを含むギターの基本となるコードなのでぜひ覚えましょう。Cm、Cm7などのコードはセーハを使うバレーコードなので初めは難しいかもしれないですがぜひ練習してみてください。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280