ギターリフ弾き方一覧

MEGADETHのSymphony of Destructionのギターリフをタブ譜付きで解説

Symphony of Destructionのイントロのタブ譜です。4小節で構成されていて、これを4回繰り返します。このリフがこの曲のメインリフになります。休符が多いのできっちりとミュートとして歯切れよく弾くことを意識しましょう。単音弾きはブリッジミュートをしっかり行うことがポイントです。

METALLICAのCreeping Deathのギターリフの弾き方をタブ譜付きで解説

シンプルなんだけど切れのあるかっこいいリフですよね。ピッキングはピックを弦に対して斜めに当てて弾きます。これは順アングルといってヘビィメタルやスラッシュメタル、ハードロックでよく使われるピッキングでピックを斜めに当てることでザクザクとした切れ味の鋭い音になります。

Led ZeppelinのStairway To Heavenイントロのギターリフの弾き方をタブ譜で解説

アコースティックギターのアルペジオの旋律が印象的なイントロで、レッドツェッペリンの代表曲のひとつですね。イントロはアコースティックギターを使いフィンガーピッキングで演奏します。左手のフィンガリングはコードを押さえるのがメインです。セーハ時に他の弦をミュートしないように注意しましょう。

ロックバラードの名曲More than wordsの弾き方をタブ譜付きで解説

アメリカのハードロックバンドExtremの代表曲でロックの歴史の中でも名曲として有名ですね。アコースティックギターの演奏バックに歌いあげるボーカルのメロティー、そしてコーラスがとっても美しい曲です。この曲とくにかっこいいのがギターのフレーズなんですね。ギターだけでも十分聴かせられる魅力をもった曲です。

BlurのSong2のギターリフの弾き方をタブ譜付きで解説します

BlurのSong2のギターリフの弾き方をタブ譜付きで解説していきます。song2のギターリフはパワーコードだけを使ったとってもシンプルなリフです。5弦4弦を使ったパワーコードと4弦3弦を使ったパワーコードがあります。コードチェンジのときに違う弦を弾かないように注意が必要です。これが慣れないうちは難しいかもしれません。

超有名なギターリフThe Rolling StonesのSatisfactionの弾き方

超有名なギターリフThe Rolling StonesのSatisfactionの弾き方をタブ譜付きで解説していきます。Satisfactionのギターリフはすべて単音で構成されています。タブ譜どおりにフレーズを弾くのはそう難しくないと思います。しかしアタック感のあるワイルドな音で弾くのがなかなか難しいのですね。

超有名なギターリフDeep PurpleのBurnの弾き方をタブ譜付きで解説

Brunのギターリフのタブ譜です。4小節で構成されていて、このフレーズを繰り返します。6弦のGの音ですが、これは親指で押さえます。意外に思ったかもしれませんが人差し指や中指ではなく親指を使うんです。親指を使ったほうが太い音が出るし、全体的にしまった感じの音になるためです。

アコギ弾語りの名曲Tears in heavenのイントロの弾き方をタブ譜付きで解説

アコースティックギターの名曲「Tears in heaven」のイントロの弾き方をタブ譜付きで紹介していきます。4小節のフレーズになっていて、ソロとリフが合わさった素晴らしいフレーズですよね~。ギターの神様エリッククラプトンが亡くなった息子のことを歌った曲で、悲しくも優しいメロディーが心にぐっときます。

かっこいいギターリフIron Manの弾き方をタブ譜付きで初心者向けに解説します

シンプルでかっこいいヘビーメタルのギターリフとして有名なBlack Sabbathの「Iron Man」の弾き方を紹介します。パワーコードを使ったうねるようなリフがかっこいいです。弾いていてとっても楽しいですよっ。テンポがゆっくりなので初心者の人にもコピーしやすいと思います。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280