METALLICAのCreeping Deathのギターリフの弾き方をタブ譜付きで解説

シンプルなんだけど切れのあるかっこいいリフですよね。ピッキングはピックを弦に対して斜めに当てて弾きます。これは順アングルといってヘビィメタルやスラッシュメタル、ハードロックでよく使われるピッキングでピックを斜めに当てることでザクザクとした切れ味の鋭い音になります。

ギターのFコードの押さえ方のコツを初心者向けに写真付きで解説します

人差し指、小指、薬指、中指という順番で押さえていきます。人差し指をはじめに押さえるのはそのほうがフォームがブレにくくなり安定してコードを押さえられるからです。人差し指はナット側に少し傾け、指の側面で弦を押さえるようにします。他の指は関節が伸び切らないようにボールを握るような感覚で押さえましょう。

Led ZeppelinのStairway To Heavenイントロのギターリフの弾き方をタブ譜で解説

アコースティックギターのアルペジオの旋律が印象的なイントロで、レッドツェッペリンの代表曲のひとつですね。イントロはアコースティックギターを使いフィンガーピッキングで演奏します。左手のフィンガリングはコードを押さえるのがメインです。セーハ時に他の弦をミュートしないように注意しましょう。

押さえ方と指使いの写真入りウクレレコード表を無料でダウンロード

指使いまで載っているコード表はあっても、押さえ方の写真まで入っているウクレレコード表はなかなかないと思います。コードダイアグラムだけのものと比べて、写真が載っていると押さえ方をイメージしやすくなるんですね。このコード表を使うことで少しでもウクレレの練習がラクにたのし~くできると良いと思っています。

ロックバラードの名曲More than wordsの弾き方をタブ譜付きで解説

アメリカのハードロックバンドExtremの代表曲でロックの歴史の中でも名曲として有名ですね。アコースティックギターの演奏バックに歌いあげるボーカルのメロティー、そしてコーラスがとっても美しい曲です。この曲とくにかっこいいのがギターのフレーズなんですね。ギターだけでも十分聴かせられる魅力をもった曲です。

BlurのSong2のギターリフの弾き方をタブ譜付きで解説します

BlurのSong2のギターリフの弾き方をタブ譜付きで解説していきます。song2のギターリフはパワーコードだけを使ったとってもシンプルなリフです。5弦4弦を使ったパワーコードと4弦3弦を使ったパワーコードがあります。コードチェンジのときに違う弦を弾かないように注意が必要です。これが慣れないうちは難しいかもしれません。

ギターとウクレレにおすすめのHERCULES製の壁掛けギタースタンド

ギターやウクレレを収納するのに壁掛けのスタンドがとっても快適でおすすめです。スペースの有効活用になるのはもちろんなんですけど、何といっても部屋が一気にかっこよくなるのがいいです。楽器屋さんのようなそんな雰囲気に浸れますよっ。常に見える位置にギターがあるから、弾きたい時にすぐに弾けるのもいいです。

超有名なギターリフThe Rolling StonesのSatisfactionの弾き方

超有名なギターリフThe Rolling StonesのSatisfactionの弾き方をタブ譜付きで解説していきます。Satisfactionのギターリフはすべて単音で構成されています。タブ譜どおりにフレーズを弾くのはそう難しくないと思います。しかしアタック感のあるワイルドな音で弾くのがなかなか難しいのですね。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280