ウクレレで弾く「クラリネットをこわしちゃった」のコードを初心者向けに写真付きで解説します

クラリネットをこわしちゃったの弾き語りに使うコードは6つ。B♭は人差し指で3本の弦を同時に押さえなければいけないので、慣れないうちは難しいと思います。人差し指はネット側に少し傾けるようにして、指の側面で押さえるようにすると上手くいきます。

ウクレレで弾く「チューリップ」のコードを初心者向けに写真付きで解説します

ウクレレ弾き語りの定番曲「チューリップ」のコードの押さえ方を写真付きで解説していきます。ほのぼのした感じでゆる~く弾いてみてください。チューリップの弾き語りに使うコードは3つ。おなじみのコードであるC、G、Fですね。押さえかたはそう難しくないと思います。

ウクレレで弾く「森のくまさん」のコードを初心者向けに写真付きで解説します

「森のくまさん」のコードの押さえ方を写真付きで解説していきます。この曲の楽しい雰囲気がウクレレの音色に合いますよね~。弾き語りに使うコードは3つ。C、G、Fなので簡単ですね。もう何度も出てきているコードなので、できれば押さえるポジションを覚えてしましょう。

ウクレレで弾く「ぞうさん」のコードを初心者向けに写真付きで解説します

ぞうさんの弾き語りに使うコードは3つ。F、C、Gなのでそう難しくないですよ~。コードチェンジも少ないので、ウクレレ初心者の人はまずはこういう簡単な曲からチャレンジするといいと思います。この曲のゆる~さがウクレレの和やかな音にピッタリ合いますね。

ウクレレで弾く「ブンブンブン」のコードを初心者向けに写真付きで解説します

「ブンブンブン」のコードの押さえ方を写真付きで解説していきます。簡単なコードしか使わないのでウクレレ初心者が弾語りをやるのにピッタリの曲だと思います。使うコードは2つだけですっ。F、Cなので簡単ですよ~。コードチェンジはちょっと多めですがコードを覚えちゃえば大丈夫ですっ。

ウクレレで弾く「かたつむり」のコードを初心者向けに写真付きで解説します

かたつむりの弾き語りに使うコードは2つ。C、Gだけなのでそう難しくないですよ~。コードチェンジも少ないので初心者の人でも比較的やりやすいと思います。C、Gという基本的な2つのコードだけで弾けちゃうのでウクレレ初心者にとってもおすすめの曲です。

エレキギターのパワーコードの簡単な作り方を初心者向けに解説します

ロックの有名なギターリフはパワーコードで作られているものが多いんですね~。今回は通常のバレーコードからパワーコードを簡単に作る方法を解説していきます。バレーコードが押さえられなくて悩んでいる人はまずパワーコードからやるといいかもですっ。弾けた感を味わうのもモチベーションを保つために大事なことですよ~。

超有名なギターリフDeep PurpleのBurnの弾き方をタブ譜付きで解説

Brunのギターリフのタブ譜です。4小節で構成されていて、このフレーズを繰り返します。6弦のGの音ですが、これは親指で押さえます。意外に思ったかもしれませんが人差し指や中指ではなく親指を使うんです。親指を使ったほうが太い音が出るし、全体的にしまった感じの音になるためです。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280