ウクレレのCコードを使って超カンタンにゆる~くアドリブを弾く方法

ガネーシャ広告

こんにちは~。あまとろです。

今日は「ウクレレのCコードを使って超カンタンにゆる~くアドリブを弾く方法」を紹介します。「アドリブやってみたいけどなんだか難しそう」って思っているかた多いですよね。

安心してくださいっ。今日は超簡単でかなりテキトーな感じで、ゆる~くできるアドリブ方法を紹介します。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Cコードだけで初心者でも簡単にアドリブを弾ける

Cコードだけでできるので、ウクレレ初心者のかたでも入りやすいんじゃないかと思います。アドリブといっても難しく考える必要はないんです。楽しく音を奏でられればそれでOK!音を楽しむのが音楽ですからっ。

まず下の画像を見てください。今回のアドリブで使うのは赤丸で印をつけた音だけです。S1730034

Cコードのポジションの確認

アドリブを弾く前にCコードのポジションを一度確認してみましょう。

1弦の3フレットを押さえ、4弦~2弦は開放弦を弾きます。

1弦のポジションを変えて弾く

まずはCコードを「ポロ~ン」と弾きます。Cコードですから1弦の3フレット、2,3,4弦は開放弦を弾きます。

そのあとに1弦の5フレット、2,3,4弦はCコードと同じように開放弦を同時に弾きます。

続いて、1弦の7フレット、1弦の10フレットと鳴らしていきます。2,3,4弦はさっきと同じで開放弦を同時に弾きます。

どうですか?簡単ですよね。慣れてきたら順番ではなくて、7フレット、5フレット、10フレット、3フレットというようにテキトーに順番を変えて鳴らしてみましょう。

1弦と同時に2~4弦の開放弦を弾く

1弦のポジションを3→5→7という順番に弾いたり、3→10→3だったり、いろいろ試してみてください。

この時に2,3,4弦の開放弦を同時に弾くようにしましょう。そうしないと曲っぽく聞こえずらいですからね~。

それに慣れたら今度はストークのリズムを変えてみましょう。どうですか~?なんだかアドリブっぽくなってきませんか?なんだか楽しくなってきませんか?

Cコードを使ったアドリブ動画

YOUTUBEにウクレレのアドリブ動画をアップしたので参考にしてみてください。動画を見るとイメージが湧きやすいかもしれません。

さいごに

いかかがでしたか~?今回は「ウクレレのCコードを使って超カンタンにゆる~くアドリブを弾く方法」を紹介しました。とっても簡単で楽しいのでぜひ試してみてくださ~いっ。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする