オタマトーンの音階ポジション表を印刷してドレミの位置を覚えよう

こんにちは~。あまとろです。みなさんウクレレやギターやってますか?

僕は最近はオタマトーンにはまってしまって、ギターやウクレレはあんまりやってないです・・・オタマトーン、ホント楽しいですっ。

指をスライドさせて音程を変えるところがすっごく好きですね。きちんとした音程の音が出た時は何とも言えない嬉しさがありますよっ。

さて前回はオタマトーンの基本的な使い方や弾き方を紹介しました。

オタマトーンという楽器を知ってますか?可愛らしい音符の形をした電子楽器で、指で押すだけで簡単に音が出せるのがいいですよね~。楽器が苦手な人におすすめしたいですねっ。はじめはきちんとした音程の音を出すのが難しいです。でも慣れてくるとこれが逆に面白いっ!

今回はオタマトーンの音階ポジション表を紹介していきます。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

オタマトーンの音域

オタマトーンの音域はとても広く、およそ6オクターブあります。ギターが4オクターブですから、どれだけ広いかわかりますよね。

ただしLow、Mid、Hiの3つのスイッチを駆使して6オクターブ出るということです。1つのスイッチでは2オクターブまでしか出ません。弾いてる途中にスイッチを切り替えることが困難なため、1曲通して弾く場合、2オクターブまでしか出ないと思ったほうがよいです。

オタマトーンの音階ポジション表

オタマトーンってなんとなく適当に弾いていても弾けるんですけど、ポジション表があれば楽譜を見ながでも弾けるので便利ですよね。

というわけでシッポスイッチのどこを押すと何の音が出るのかが一目でわかる、音階ポジション表を作りました。ドレミの位置がわかればオタマトーンの演奏がもっと楽しくなりますよ。

音階ポジション表にはピアノでいうところの白鍵盤しか記載していませんが、もちろん黒鍵盤の音(シャープやフラット)も出せます。

楽譜を見て弾きたいと思っているかたはぜひ使ってみてくださいっ。JPGとPDFファイルを用意しましたのでお好きなほうをダウンロードして使ってください。

オタマトーン音階表PDF
オタマトーン音階表JPG

ドレミのカタカナ表記の音階表はこちらからダウンロードできます。
オタマトーン音階表(カタカナ)PDF
オタマトーン音階表(カタカナ)JPG

 選択スイッチの最高音と1つ上の音程スイッチの最低音は同じ

各スイッチごとの最低音と最高音は次のようになります。

Lowの最高音がF、Midの最低音がFというよう、選択されたスイッチの最高音と1つ上の音程スイッチの最低音が同じになっていますね。

Hi・・・G# から A#

Mid・・・ から G#

Low・・・D# から F

音階ポジション表を使う時のポイント

オタマーンの音を鳴らして、ギターで何の音か確認して、というふうにして1つ1つ音を確かめながら音階表を作っていきました。

ただポジションに書かれた各音階の幅は正確に測ったわけではありません。あくまでも目安として使ってみてください。

あとはオタマトーンは音の位置や音程に個体差があるみたいなので注意してくださ~い。

基本はMidに合わせる

音程スイッチについてですが、僕が弾いてみて一番弾きやすいのはMidでした。ピアノやキーボードも真ん中あたりのドを基準に弾くと思いますが、それと同じですね。

LowやHiはクセが強すぎて普通の演奏には向かないようです。逆に言えばちょっとトリッキーな演奏をしたいときはLowやHiをバシバシ使っていきましょう~。

C(ド)の位置は真ん中より少し左

オタマトーンを横にしてお口が右にくるように持ったとした場合、シッポスイッチの真ん中より指1本分くらい左がCなります。音程スイッチはMidのこの位置を覚えておくと弾きやすいと思いますよっ。マジックなんかで印をつけちゃってもいいかもしれません。

まとめ

どうでしたか?今回はオタマトーンの音階ポジションについて解説しました。音階表がなくても楽しいですが、あるともっと楽しくなるかもです。ではまた~。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする