ウクレレコードの押さえかた【Dコード編】初心者向けに画像付きで解説

こんにちはあまとろです。今日も楽しくウクレレやってますっ。

前回はCコードの押さえ方を解説しました。

ウクレレのCコードの押さえかたを画像付きで丁寧に解説していきたいと思います。「コード表を見ながらやってるんだけど、イマイチ押さえかたがわからないんだよな~」っていうウウレレ初心者のかた向けになってます。バレーコードのCm7が第一の壁になると思います。

今回はDコードの押さえ方を解説していきます。前回と同じように画像付きで丁寧に解説していきますよっ。少しずつコードを覚えて弾ける曲を増やしていけるといいですね~。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Dコードの押さえかたを画像付きで解説

それではさっそくDコードの押さえ方を解説していきます。以下の5つのコードを順番に見ていきましょう。

写真は親指が写ってるほうの弦が4弦になります。

D (ディー)

メジャーコードと呼ばれ明るい響きがします。一番基本となるコードですね。

  • 4弦 2フレット 人差し指
  • 3弦 2フレット 中指
  • 2弦 2フレット 薬指
  • 1弦 開放弦

4弦2フレット、3弦2レット、2弦2フレットという順番で押さえるとやりやすいと思います。3本の指を縦に並べなきゃいけないのが難しいですね。ウクレレ初心者が上手く押さえれないコードのひとつです。

Dm(デーマイナー)

マイナーコードと呼ばれ暗い響きがします。

  • 4弦 2フレット 中指
  • 3弦 2フレット 薬指
  • 2弦 1フレット 人差し指
  • 1弦 開放弦

2弦の人差し指で1弦をミュートしないように注意しましょう。指を立てるようにして弦を押さえるのがコツです。

D7 (デーセブン)

Dコードをちょっと怪しい感じにしたのがD7です。

  • 4弦 2フレット 人差し指
  • 3弦 2フレット 人差し指
  • 2弦 2フレット 人差し指
  • 1弦 1フレット 薬指

4弦、3弦、2弦の2フレットを人差し指だけで押さえます。このように1本の指で複数の弦を同時に押さえることをセーハといいます。そしてセーハを使って押さえるコードをバレーコードといいます。

慣れないうちはなかなか難しいですが、指をネック側に傾けて、指の側面で押さえるようなイメージを持つといいと思います。

Dm7 (デーマイナーセブン)

Dmと同じ暗~い響きがするコードです。

  • 4弦 2フレット 中指
  • 3弦 2フレット 薬指
  • 2弦 1フレット 人差し指
  • 1弦 3フレット 小指

さきほど登場したDmの押さえ方に小指を足したものになります。まずDmを押えて、1弦の3フレットを小指で押さえるのがいいと思います。全ての指を使うのではじめは難しいと思います。

Ddim (デーディミニッシュ)

ディミニッシュコードは不穏な響きがするコードです。ディミニッシュコードを使うと楽曲がオッシャレな感じになります。

  • 4弦 1フレット 人差し指
  • 3弦 2フレット 薬指
  • 2弦 1フレット 中指
  • 1弦 2フレット 小指

人差し指から小指まで全ての指を使います。4弦1フレット、2弦1フレット、3弦2フレット、1弦2フレットという順番で押さえるのがやりやすいと思います。

まとめ

いかかでしたか?今回はDコードの押さえかたを写真付きで解説しました。バレーコードやデミニッシュコードは慣れないうちは難しいですが、練習あるのみですっ。がんばってくださ~い。

弾き語りにもソロウクレレにもとっても便利なウクレレコードスタンプ

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする