ウクレレで弾くきらきら星のコード譜を初心者向けに解説します【簡単おすすめ弾き語り】

こんにちはあまとろです。今日も楽しくウクレレやってますっ。

今回は小学校の音楽の授業で必ず取り上げられる「きらきら星」のコードについて解説していきます。C、F、Gの3つのコードの押さえ方を写真付きで説明していきますね。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

童謡きらきら星のコード

きらきら星の弾き語りに使うコードはたったの3つなんですね~。C、G、Fなのですでに押さえ方を覚えてる人もいますよね~。コードチェンジは意外と多いんですけど、パターンを覚えてしまえばそう難しくはないと思います。

C、G、Fの3つのコードの押さえ方

それではC、G、Fの3つのコードの押さえ方を写真で見ていきましょう。

Cの押さえ方は次のようになります。

  • 1弦 3フレット 薬指
  • 2弦 開放弦
  • 3弦 開放弦
  • 4弦 開放弦

1弦の3フレットは人差し指でや中指で押さえてもよいのですが、Cの次にGへコードチェンジすることを考えると薬指で押さえておいたほうがやりやすいかもしれません。

続いてFです。押さえ方は次のようになります。ギターのFは難しいですがウクレレは簡単ですね。

  • 1弦 開放弦
  • 2弦 1フレット 人差し指
  • 3弦 開放弦
  • 4弦 2フレット 中指

最後にGの押さえ方は次のようになります。

  • 1弦 2フレット 中指
  • 2弦 3フレット 薬指
  • 3弦 2フレット 人差し指
  • 4弦 開放弦

「お空の星よ」のところはF→C→G→Cとコードチェンジがあわただしいので、はじめはテンポを落としてゆっくり焦らずやりましょう。

「まばたきしては」のコード進行と「みんなを見ている」のコード進行は同じです。ここも2拍ごとにコードチェンジがありますので、あわてずゆっくりやりましょう。

コードの解説は以上です。3つのコードだけで簡単に弾けちゃうので、ウクレレをはじめたばっかの初心者にピッタリの曲だと思いますっ。

YOUTUBEの投稿動画

YOUTUBEにきらきら星の弾き語り動画をアップしてますので、興味のあるかたはご覧ください。

まとめ

いかかでしたか?今回はきらきら星のコードの押さえ方を初心者向けに解説しました。やっぱりきらきら星は演奏しやすい。楽器をはじめたときの練習曲によく使われるのがわかりますよね。

弾き語りにもソロウクレレにもとっても便利なウクレレコードスタンプ

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする