パチカの基本技グラブフリップのやり方【アサラト講座】

ギターオンラインサロン
ギターオンラインサロン

こんにちは~あまとろです。

前回はパチカとアサラトのハングシェイク、オープンシェイクのやり方を説明しました。

パチカを握った手を鼻の高さくらいまで上げます。肘を支点にして前に振りおろします。この動作を繰り返すのがシェイクハンドです。ドアをトントンとノックするようなイメージでやるとよいと思います。オープンシェイクは人差し指と中指を立ててパチカを振ります。

今回はパチカ、アサラトのグラブフリップのやり方を初心者向けに説明したいと思います。グラブフリップで球と球をぶつける音が出せるようになると、またパチカの面白さが広がってきます。ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

グラブフリップ(Grab Flip)のやり方

それではさっそくグラブフリップのやり方を説明していきます。グラブフリップとは握っている球を一度離してから、再度掴みなおすという技です。

流れとしてはこんな感じになります。

  1. 下側の玉を離す
  2. 手を手前に引く
  3. 下側の玉を掴む

①まずはパチカを握ります。握り方は過去の記事で説明していますので参考にしてみてください。

アサラトやパチカの練習をはじめるにあたって、まず握り方がわからないという人が多いと思います。そこで今回は初心者向けにアサラトとパチカの基本の握り方を説明していきたいと思います。パチカを握って、紐を人差し指と中指の間に通します。片方のボールは手のひらの上、もう片方のボールはだら~んと垂れ下がる感じです。

②下側の玉を握っている薬指と小指を離します。そうすると下の球がぶらーんと垂れ下がった状態になりますよね。

球を離すと遠心力でボールが前に移動して、また手前に戻ってくると思います。③戻ってきたところで少し手を手前に引きます。球はある程度の位置までは遠心力で戻ってきますので、少し手を引けば十分キャッチできます。

④戻ってきた球を小指と薬指でキャッチします。球を掴みに行くといより、戻ってきた球を受け止めるイメージでやるとうまくいきます。

下の写真は横から撮ったものです。

慣れないうちは球をキャッチするだけでよいと思います。慣れてきたら上側の球と下側の球を当ててカチンという音を出してみましょう。

さいごに

いかがでしたか?今回はパチカとアサラトのグラブフリップのやり方を初心者向けに説明しました。はじめのうちは戻ってきた球を掴むだけでも難しいと思います。しばらく続けていると自然にできるようになりますので、気長に練習してみてください。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて歌ってます。

剥き出しの音に胸が熱くなる言葉を乗せて。ギターをかき鳴らしながらロックを楽しんでます。

iTunes Store、Spotify、LINE MUSIC、Google Play、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする