パチカのシェイクとハングフロップへの連携技で4拍子を刻むやり方【アサラト講座】

こんにちは~あまとろです。

前回はハングフロップからフラグフリップの連携技を紹介しました。

パチカやアサラトでは一つ一つの技を組み合わせた連携技を使うことで、リズムを刻むことができるようになります。慣れてきたらスムーズにリズミカルにできるように練習してみましょう。連携技ができるようになると、パチカの面白さがグッとアップしますのでぜひチャレンジしてみてください。

今回はパチカとアサラトのシェイクからハングフロップ、グラブフリップへの連携技で4拍子を刻むやり方を紹介します。

4拍子が刻めるようになるとポップスやロックなどのポピュラーミュージックに合わせることができるようになります。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

シェイクからハングフロップ、グラブフリップの連携技

それではさっそく

シェイク→ハングフロップ→グラブフリップ(Shake→Hung Frop→Grab Flip)

の連携技のやり方を説明します。

①基本の握りかたでパチカを握ります。

基本の握り方は過去の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

アサラトやパチカの練習をはじめるにあたって、まず握り方がわからないという人が多いと思います。そこで今回は初心者向けにアサラトとパチカの基本の握り方を説明していきたいと思います。パチカを握って、紐を人差し指と中指の間に通します。片方のボールは手のひらの上、もう片方のボールはだら~んと垂れ下がる感じです。

②パチカを斜め前下に振りシェイクします。

③下側の玉を離し親指側から球を通します。手を少し上に引き上げる感じでやると遠心力で球が手前に戻ってきます。

④下側の玉が上側の玉に当たりカチンという音が出ます。これがハングフロップですね。

⑤返ってきた下側の玉を親指側から通します。手を前に少し押し出す感じでやると、遠心力で球が小指側に返ってくると思います。

⑥小指側に返ってきた球を薬指と小指でキャッチします。このとき上側の玉と下側の玉が当たりカチンと音が鳴ります。これがグラブフリップですね、

①から⑥までを繰り返します。

以上がシェイク→ハングフロップ→グラブフリップの連携技になります。

前から撮った写真です。

一定して4拍子を刻むのがはじめは難しいと思います。

  • 1拍目 シェイク
  • 2泊目 ハングフロップ
  • 3泊目 グラブフリップ
  • 4泊目 グラブフリップ

のような感じでやるのですが、グラブフリップが早すぎると4拍子になりません。グラブフリップ時に下側の玉が上側の玉に早く当たらないように、ためるような感じでやってみましょう。

さいごに

いかがでしたか?今回はパチカとアサラトのシェイクからハングフロップ、グラブフリップへの連携技で4拍子を刻むやり方を紹介しました。前回より一歩進んで拍子を意識してやってみました。

この連携を覚えると、いろいろなジャンルの音楽と一緒に演奏できるようになりますので、ますますパチカが楽しくなりますよ。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて歌ってます。

剥き出しの音に胸が熱くなる言葉を乗せて。ギターをかき鳴らしながらロックを楽しんでます。

iTunes Store、Spotify、LINE MUSIC、Google Play、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

アルバム • 2020年 • 9曲 • 22分
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする