民族楽器アサラトとパチカの違いを初心者向けに説明します

こんにちは~あまとろです。

今回はアサラトという民族楽器について紹介していきたいと思います。

アサラトはリズム楽器としてだけでなく、アクロバットな技を組み合わせたスポーツとしても楽しむことができます。まだまだ認知度は低いですが、少しづつ人気が高まってきています。

軽くて簡単に持ち運びができるため、野外でセッションなんてことが気軽にできちゃうのが良いところですよね~。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

アサラトとはこんな楽器

アサラトとは木の実と紐をくっつけて作った民族楽器です。

木の実の中には種が入っていて振るとシャカシャカという気持ちの良い音が鳴ります。この音を聞いているとリラクゼーション効果があるらしいです。確かに癒される音なんですよね~。

振るとシャカシャカ音がするといえば・・・そうマラカス!

アサラトはマラカスのような楽器なんです。

下の写真はパチカです。上下左右に振るとシャカシャカとした音がします。

ところでこのアサラトですが2個の木の実を結ぶようにして1本の紐がついていますよね。この紐を指ではさんで振ることで、2つの木の実をぶつけて音をだすこともできます。カスタネットのような打楽器としても使えるということです。

木の実同士をぶつけるとカンカンという気持ちの良い音がでます。こちらはリラクゼーション効果というよりも、スカッとした気分になるのでストレス発散にいいかもしれないですっ。

このようにアサラトはシェーカーと打楽器、2つの種類の楽器の機能の併せ持ったものになります。マラカスとカスタネットを合わせたような楽器と言われることもあります。

アサラトとパチカとの違い

アサラトは木の実でできていることは分かったと思います。実は木の実だけでなくプラスチックでできたアサラトがあるんです。

そう、それがパチカになります。プラスチックでできたボールの中にビーズが入っています。

パチカはプラスチック製のため、アサラトより高い音がします。高い音なので音の抜けが良くなりますよね。ただプラスチック製ということもあり、アサラトにくらべ軽い音がします。どちらを選ぶかは盛った感触や音の好みで選ぶと良いでしょう。

楽器としての使い方はアサラトもパチカも同じです。2つともマラカスのようにも使えるし、カスタネットのようにも使えます。

さいごに

いかがでしたか?今回は民族楽器アサラトとパチカの違いを初心者向けに説明しました。アサラトはいつでもどこでも気軽にできる楽器なのでぜひやってみてくださいね~。音楽の表現力の幅が広がりますよ~。

ヘンプパチカ Hemp Patica
ヘンプパチカ Hemp Patica

posted with amazlet at 19.06.14
世界の楽器RAGAM
売り上げランキング: 9,617
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする