ギター練習一覧

ギターのFコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説します

人差し指で1弦、2弦、6弦の1フレットを押さえます。人差し指をナットが側に傾け指の側面で押さえるイメージです。全ての弦の1フレットを人差し指で押さえてしまってOKです。1本の指で複数の弦を同時に抑えることをセーハというのですが、これがはじめは難しいっ。慣れないうちはきちんと押さえられず音がでないです。

ギターのEコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説します

3弦の1フレット、4弦の2フレット、5弦の2フレットを押さえる指は寝かせないで立てるようにして押さえましょう。特に人差し指を寝かせてしまうと、1弦と2弦がミュートされてしまい、コードの響きが変わってしまうので注意が必要です。EmやEm7など簡単なコードが多いので指慣らしにぜひチャレンジしてみてください。

ギターのCコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説します

ギターのCコードの押さえ方を画像付きで解説していきたいと思いますっ。メジャー、マイナー、セブンスなどを含めた6種類のコードです。Cコードはローコードを含むギターの基本となるコードなのでぜひ覚えましょう。Cm、Cm7などのコードはセーハを使うバレーコードなので初めは難しいかもしれないですがぜひ練習してみてください。

ギターのFコードの押さえ方のコツを初心者向けに写真付きで解説します

人差し指、小指、薬指、中指という順番で押さえていきます。人差し指をはじめに押さえるのはそのほうがフォームがブレにくくなり安定してコードを押さえられるからです。人差し指はナット側に少し傾け、指の側面で弦を押さえるようにします。他の指は関節が伸び切らないようにボールを握るような感覚で押さえましょう。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280