ギターの6弦を親指で弾く方法と2つのメリット

こんにちは!あつもりです。

今回はギターの6弦を親指で押さえる方法とそのメリットについてお話します。

例えばロックでよく使うパワーコード。Gのパワーコードなら、

6弦の3フレット 人差し指

5弦の5フレット 薬指

4弦の4フレット 薬指

こんな感じで、6弦は人差し指で押さえることが多いと思います。

そもそも、弦を押さえる時に親指を使うってことがない、ってかたが多いのではないでしょうか?

僕も6弦を親指で押さえる、という発想自体がなかったので、ずっと人差し指で押さえてました。

でも、あるとき、ディープパープルのリッチーブラックモアが、Burnのイントロのリフで親指を使っている、ということを知りました。

洋楽のロックを好きな人なら、イントロのリフを一度くらいは聴いたことがあるのんじゃないかな?

この曲、キーがGなのですが、6弦のGのルート音を親指で弾いています。YouTubeでライブ映像を見ましたがやはり親指で弾いていました。

それを知った時、「えっそうなんだ!親指で弦を押さえることができるんだ」

って感動しました。早速やってみようと思いました。

でもはじめのうちはなかなか上手くいかず。まあ新しいことをやるときはだいたいそうですよね。めげずに練習しました。

こんな感じでネックを握るようにして親指を曲げて弦を押さえます。

はじめのうちはきちんと押さえられず、音がかすれてしまうかと思います。

でも何度もやっていると親指がネックに馴染んでくるようになります。そうなれば少しずつきれいな音が出るようになってきますよ。

6弦を弾く時は、少し親指側に手首をひねるイメージを持つと上手くいきます。力まずにリラックしてやりましょう。

ちなみにギターの神様ジミヘンことジミ・ヘンドリックスも親指奏法を多用していました。

親指で6弦を押さえ、ジミヘンコードとも言われる独特な音色のコードを奏でていました。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

親指を使うメリット

1つは、音にうねりが生まれるということ。

6弦を人差し指で押さえた時と、親指で押さえた時を聴き比べるとわかると思います。

これは他人の動画を見るより、自分で弾いてみたほうが違いを実感できます。

親指で弾いたときのほうが、音と音にまとまり感が出て、尚且つ、うねりが生まれます。

表現力がぐっと上がるということです。そうなるとギターがもっともっと楽しくなりますよ。

もう1つは、親指で押さえることで、違う響きのコードを作れたりします。ジミヘンなんかはまさにこれですよね。

あと、親指でルート音を弾いて、そのほかの指でリフを弾いたりソロを弾いたりして、アドリブの表現力もアップします。

一人でアドリブを弾くとどうしても、スカスカの音になってしまいがちですが、親指でルート音を鳴らしながら弾けば、厚みのあるカッコイイ演奏ができます。

こんな感じで6弦を親指で弾けるようになると、音も変わるし、フレーズの表現力も上がるのでぜひチャレンジてみてください。

YouTubeに動画をアップロードしたので、よかったら見てみてください。

よかったらチャンネル登録してください。そのことが僕の元氣とモチベーションになります。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて歌ってます。

剥き出しの音に胸が熱くなる言葉を乗せて。ギターをかき鳴らしながらロックを楽しんでます。

iTunes Store、Spotify、LINE MUSIC、Google Play、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする