BOSS CS-3を使ってコンプレッサーが効いているかを簡単に確かめる方法

こんにちは~あまとろです。

今回はBOSSのギターエフェクターであるCS-3の使い方について紹介していきたいと思います。

ギターのコンプレッサーを初めて使うときに、フットスイッチをONにしたけれど、イマイチエフェクトがかかっているのかどうか効果がわからない、という方が多いと思います。

そういう僕もCS-3を初めて使ったときはエフェクターを使っても全く効果がわからず、すぐにヤフオクで売ってしまった思い出があります。

コンプレッサーの役割や、各ツマミの意味を理化していなかったため、当然といえば当然なのですが・・・

そんなわけで今回はまずCS-3を初めて触った初心者に向けて、エフェクターの効果が出ているかを確かめる簡単な方法を紹介します。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

でかすぎる音を小さくする効果を確認する

一番簡単なのは、でかすぎる音がきちんと小さくなっているかを確認する方法です。

まずはエフェクターのセッティングをします。

LEVELツマミを調整して、エフェクターがONの時とOFFの時で音が同じ大きさになるようにします。

SUSTAINツマミを右いっぱいに回します。

TONEとATTACKは今回はあまり重視していないので真ん中でOKです。

エフェクターペダルをOFFにして、次のタブ譜のフレーズを引いてみてください。Amのパワーコードを8ビートで刻むリフです。

アンプはクリーントーンのセッティングにしておきましょう。歪んでいるとそこで音が圧縮されてしまいますので、コンプレッサーの効果がわかりにくくなります。

はじめの8分音符はかなり強めにピッキングします。あとの8分音符は弱めにピッキングします。

すると

ジャ・チャ・チャ・チャ チャ・チャ・チャ・チャ

のように、はじめの八分音符だけバカでかい音で鳴りますよね。当たり前ですが。

次にエフェクターペダルをONにして同じフレーズを弾いてみます。

するとどうでしょう?

チャ・チャ・チャ・チャ チャ・チャ・チャ・チャ

というように、すべての音が同じ音量で鳴ったと思います。

下の図を見てもらうとわかりやすいと思います。赤の棒は音量を表しています。エフェクターOFFの時は最初に弾いた8分音符の音量が大きいことがわかります。エフェクターONの時は初めに弾いた8分音符の音と、そのあとに弾いた8分音符の音量が同じになっています。

これはコンプレッサーが大きすぎる音を検知して、大きすぎる分だけ音を削ったためです。このようにコンプレッサーには大きすぎる音を削るという役割があります。

今やった方法は、コンプレッサーがきちんと効いているのかを知るには、うってつけの方法だと思います。またコンプレッサーがどういった働きをするのかを知りたい場合にも有効な手段です。

コンプレッサーの詳しい使い方はまた次回の記事で紹介しようと思います。

今試したように、大きすぎる音を削ってリミッターのように使うこともできますが、小さすぎる音を大きくしたりすることもできます。

さいごに

いかがでしたか?今回はBOSS CS-3を使ってコンプレッサーが効いているかを簡単に確かめる方法を紹介しました。

コンプレッサーは使い方を覚えればとっても役に立つエフェクターです。ぜひ使い方を覚えてバシバシ使ってみてください。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて魂で歌ってます。

「人生ってもっとキラキラしていたんじゃないか?」
「本当の自分はどんな顔をしていたんだろう?」
「過去の後悔、未来の不安で押しつぶされそうになる。」
そんなときに聴いてほしい。

iTunes Store、Spotify、LINE MUSIC、Google Play、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする