友達の前や楽器屋で弾いても失敗しない!おすすめな洋楽ギターリフ5選

こんにちは~あまとろです。

ギターを練習して、ある程度弾けるようになると、友達に聴いてもらったり、Youtubeで動画を公開したいと思うこともありますよね。

  • できるだけ失敗したくない
  • 上手いと思われたい
  • カッコイイと思われたい
  • 羨ましがられたい

このような思いが膨らんでいくかもしれません。

でも、

「どんな曲を弾いたら、羨望の眼差しで見てもらえるんだろう?」

って悩む人も多いと思います。

そこで今回は、失敗しない、なおかつカッコイイ!ギターリフを5つ紹介します。弾き方は過去の記事のリンクを貼っておくので、そちらを参考にしてください。

これで、脱初心者になれて、友達から羨ましがられるギターリストになれますよ~

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Smoke On The Water

「ギターリフと言えばsmoke on the waterでしょう~。」

ってくらい有名なリフ。ギターリフの代名詞的な存在。

イギリスのロックバンドDeep purpleの曲で、「machine head」という超名盤に収められている曲です。ギターリストはリッチー・ブラックモアで、70年代を代表するギターリストの一人です。

この曲は、テレビ番組やラジオのBGMでよく使われているので、一度は耳にしたことがあると思います。

ギターリフは、シンプルかつ耳に残りとても印象的。ギターの初心者でも十分弾けるフレーズになってます。

ギターを弾く上で、お約束的なリフでもあるので、覚えておいて損はないでしょう。

ギターリフの定番中の定番、Deep Purpleの「Smoke On The Water」の弾き方を紹介します。楽器屋での試し弾きなんかで弾いているのを耳にしたり、テレビCMで使われていたり。シンプルなんだけど耳に残る印象的で、ギター初心者にもコピーしやすいと思います。

Burn

これまた超有名なギターリフです。「smoke on the water」もそうですが、この曲もDeep purpleの曲です。8枚目のアルバム「Burn」に収められています。

Brunは1974年にリリースされた曲ですが、今聴いても輝きが失せない、とっても魅力的な曲ですね。

この曲もテレビなどのメディアでよく流れているので、聴いたことがある人が多いと思います。

ギターリフはスピード感があり、攻撃的な印象を受けます。メッチャカッコイイですよっ!

ギターを始めたばかりの方は、少し練習が必要かもしれません。弾けるようになると、とっても楽しいので、ぜひ練習してみてくださいね~。

Brunのギターリフのタブ譜です。4小節で構成されていて、このフレーズを繰り返します。6弦のGの音ですが、これは親指で押さえます。意外に思ったかもしれませんが人差し指や中指ではなく親指を使うんです。親指を使ったほうが太い音が出るし、全体的にしまった感じの音になるためです。

Iron Man

ヘヴィメタルの元祖とも言われる、Black sabbathの「Iron Man」です。1970年リリ-スのセカンドアルバム「Paranoid」に収録されています。

ハードロック、ヘヴィメタルが好きなら、知っている人が多いかもしれません。

ギターリストのトニーアイオミはSGを使い、数々の素晴らしいギターリフを、世に送り出してきました。その中でも特に印象的なのが、この「Iron Man」です。

映画「スクルール・オブ・ロック」でジャック・ブラックが弾いているのも、このギターリフです。僕はCDの音よりも、その時ジャック・ブラックが弾いた、生音のほうが印象的で記憶に残っています。

うねるような重さを持ったリフで、弾いていてとても楽しいです。ルート音と5度だけのパワーコードなので、ギター初心者でも簡単に弾くことができます。

シンプルでかっこいいヘビーメタルのギターリフとして有名なBlack Sabbathの「Iron Man」の弾き方を紹介します。パワーコードを使ったうねるようなリフがかっこいいです。弾いていてとっても楽しいですよっ。テンポがゆっくりなので初心者の人にもコピーしやすいと思います。

Day Tripper

誰もが知っている歴史的バンド、Beatlesの曲です。Beatlesらしいハーモニーを持った曲で、古き良き60年代ロックを感じることができます。

ギターリフがガツンとくる、Beatlesのこういう曲好きですね。ジョージ・ハリスンの才能に感謝!

他には「Pepper back writer」とか「ヘルター・スケーター」とか。こういうリフが、ハードロックやヘビーメタルの元のリフになってたりする。それを知るとホントに面白い!そういうのも音楽の楽しみ方の一つです。

単音構成のギターリフで、シンプルだけど耳に残るフレーズです。ギター初心者でも、ラクラクコピーできますよ。

The Beatlesの「Day Tripper」のギターリフの弾き方を解説します。有名な曲なのでイントロのギターリフだけでも一度は耳にしたことがあるんじゃないかなと思います。シンプルだけどキレ味のあるギターリフは今聴いてもカッコイイですよね。この曲がリリースされてもう40年以上も経ってるけど古臭さを感じないっ。

Stairway To Heaven

最後はハードロックの神様とも呼ばれている、Led zeppelinの「天国への階段」です。1971年にリリースされた、4枚目のアルバム「Led zeppelin4」に入っています。

「Led zeppelin4」は、彼らの代表作であり、最大のヒット作です。ロックの歴史でも名盤中の名盤で、他にも「Black Dog」「Rock and Roll」などのカッコイイリフの曲が入ってます。

まだ聴いたことがない人は、ぜひ聴いてみてください。パワーとエネルギーに満ち溢れているので、聴いているとポジティブな思考になれますよ。

この曲のギターリフはコードアルペジオです。美しい旋律で思わずうっとりします。

テンポがゆっくりなのでギター初心者でも、少し練習すれば弾けるようになるでしょう。

静かなイントロのリフもいいけど、曲調が激しくなる中間部のリフもカッコイイです。余裕があったらチャレンジしてみくださいね~。

アコースティックギターのアルペジオの旋律が印象的なイントロで、レッドツェッペリンの代表曲のひとつですね。イントロはアコースティックギターを使いフィンガーピッキングで演奏します。左手のフィンガリングはコードを押さえるのがメインです。セーハ時に他の弦をミュートしないように注意しましょう。

さいごに

失敗しない、カッコイイギターリフを5つ紹介しました。どれもこれもロックの歴史を代表するギターリフです。覚えておけば必ず役に立つし、何より弾いていて楽しいです。

ギターシールドをアンプに差し込んで、「ジャーン」と一発かましてみてくださいねっ!

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする