ウクレレの7つのコードで翼をくださいの簡単弾き語りにチャレンジ【初心者におすすめ】

こんにちはあまとろです。今日は新しい弾き語りにチャレンジしま~す。曲は赤い鳥の「翼をください」です。1971年リリースなのでもう40年以上前の曲ですっ。

この曲、僕は小学校の音楽の発表会の時にはじめて歌ったんですけど、幼心にいい曲だな~って思ってました。心に響くせつないメロディーとサビの盛り上がりがとっても好きでした。それ以来ずっと好きな曲です。

教科書に載っていたので童謡なのかと思っていましたが、赤い鳥というフォークグループが作曲した曲だったんですよね。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

7つのコードで「翼をください」の弾き語りにチャレンジ

使うコードはC、F、G、Gsus4、D、Am、Em7の7つです。

右手のストロークはおなじみのシャッフルストロークでやります。しっとりした曲ですがシャッフルでいきますっ!

難しいのはGsus4からGにコードチェンジするところかな。Gsus4は小指も使うのでなかなか難しいですね~。ひたすら練習あるのみですねっ。

ボーカルはちょっとサビが高くてキツいっ!腹式呼吸を使って深いところから息を出すことを意識してやるとよいですよ。

Gsus4とGコードの押さえ方

Gsus4のコードの押さえ方はこんな感じです。
gsus4

Gのコードの押さえ方はこんな感じです。
g

YOUTUBEの動画を参考にする

YOUTUBEに翼をくださいの弾き語り動画をアップしていますので見てみてくださ~い。

さいごに

いかがでしたか~?今回はウクレレの7つのコードで翼をくださいの簡単弾き語りにチャレンジしてみました。ではまた~。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする