ウクレレコードスタンプを使うと楽譜や歌詞カードを見ながらコードの押さえ方がわかるので便利

視力回復法

こんにちはあまとろです。みなさんウクレレの弾き語りやってますか~?

僕は最近ウクレレの練習をさぼり気味です・・・朝早起きして練習してるんですけど、最近寒くって寒くって、なかなか布団から出れず2度寝。なんて日が続いてますっ。

そんなことはさておき、今日は弾き語りをやるときに便利なグッズ「ウクレレコードスタンプ」の紹介です。

弾き語りをやるのに歌詞とコード名が載っている歌本なんかを見ながらやる人が多いと思います。そんなときにあると便利なのがこのウクレレコードスタンプなんです。

わからないコードがあった時に、いちいちコード表を見なくて済むのがいいんですよ~。コードダイアグラムをぽんっとスタンプして、あとはフレット上に丸印をつけるだけです。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

ウクレレコードスタンプの使い方

ではウクレレコードスタンプの使い方を紹介していきます。といってもポンと押すだけなんですけどねっ。

こんな感じで歌詞カードのコード名の上にコードダイアグラムをポンっ!と押します。
s1710033

側面が半透明になっているので、どの辺にコードが押されるかを見ながらやると、狙ったポイントに印字されます。
s1710034

こんな感じで四角いマスがスタンプされます。このマスをコードダイアグラムといいますが、指を抑えるポジションをペンなどで書き込こんでいきます。マスが小さいのでシャープペンが書きやすいと思います。間違っても消せるし。
s1710035

マスが小さいのはメリットもあって、コード進行が多い曲でも、余白を占領することなく押せるのが良いです。僕はこれを買う前はボールペンでマスを書いてたんですが、面倒くさいし、読みづらいんですよね。読みづらいととっさにコードを押さえられないんです。

コード表を見なくていいのでラクチン

ウクレレコードスタンプの一番のポイントは、コードがわからなくなった時に、コード表と歌本を行ったり来たりしなくて済むってとこですね

弾語りをやったことがある人ならわかると思いますがコード表を見ながら「Cってどう押さえるだっけ」ってやるのって結構面倒くさいんですよね。

コードを調べることで演奏も止まってしまいます。コードポジションが書いてあればわからないコードがあってもすぐにわかるので演奏が止まらないのが良いですね。

それに面倒なことを少しでも減らすことが練習を長続きさせるコツでもあります。歌本にコードポジションを書いておけば、コードを覚えなくても弾き語りができるっていうメリットもありますっ。

さいごに

いかかでしたか~。今回は弾き語りをやるときに便利なグッズ「ウクレレコードスタンプ」の紹介でした。コードの押さえかたがわからない初心者に心強いアイテムだと思います。ぜひ試してみてくださ~い。

ウレクレレコードスタンプの紹介動画です

YOUTUBEにもスタンプを使ってみた動画をアップしました~。動画を見るとイメージが沸きやすいですよっ。

その使い方だと損してますよ。

平均月1回Amazonを利用するかたへ

Amazonプライム会員になればプライムミュージックで200万曲以上の音楽が聴き放題になります。

プライム会員になると月額500円かかります。(学生は250円)

ですが商品を買ったときの送料がタダになります。

ということは月に1回買い物をするのであれば、月額の代金はチャラになってしまうのです。

なので月1回、Amazonで買い物をしているならプライム会員にならないと損していることになります。

さらにプライムビデオで人気の映画、アニメ、テレビドラマ、お笑いなどがタダで見放題です。

さらにプライムリーディングは対象の雑誌や漫画がタダで読み放題。

これだけできて月額500円だったらやらなきゃ損ですよね。

30日の無料体験ができるので、やってみて合わなければ途中でやめてしまっても全然大丈夫ですよ。

Amazonプライム無料体験の登録ページはこちら

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて歌ってます。

剥き出しの音に胸が熱くなる言葉を乗せて。ギターをかき鳴らしながらロックを楽しんでます。

iTunes Store、Spotify、LINE MUSIC、Google Play、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする