ウクレレのコードBm7は押さえるのが難しい!初心者の壁バレーコードの押さえ方

こんにちは。あまとろですっ。

今日はウクレレのバレーコードであるBm7の押さえ方を説明しようと思います。Bm7は1本の指で4弦全てを押さえなくてはならず、ウクレレ初心者にとって難しいコードのひとつです。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Bm7の押さえ方

Bm7の押さえ方を説明していきますね~。まずは下のコードダイアグラムを見てください。4弦から1弦全ての弦の2フレットを押さえます。

写真のように人差し指を使って同時に4本の弦を押さえる感じです。これが以外と難しいんです。慣れないうちはきちんと音が出ないと思います。bm7

人差し指をブリッジ側に指を傾けて、指の側面で押さえるようなイメージでやると上手くいきますよっ。

バレーコードとは

さきほど説明したBm7のように、1本の指で複数の弦を押さえることをセーハと呼びます。そしてセーハで押さえたコードをバレーコードといいます。

バレーコードは1本の指で複数弦を押さえるので、きちんと押さえられない弦が出てきます。そこが難しいところで初めのうちは、弦がこすれたような音になり、きちんとコードの音がでないと思います。

こればかりは何回も練習して慣れるしかないっすねっ。あまり力を入れ過ぎないのがポイントですっ。

Bm7を使った弾き語り曲

Bm7を使った練習曲として尾崎豊の名曲「I love you」の弾き語りをやってみました。今まで弾き語りしてきた曲と比べて、コードの数が増えたので難しいですね。

今までやったCやGと比べて押さえ方が難しいコードも出てきました特に難しいのが、C♯m7、 C#7 、Bm7の3つです。

これはC#m7です。
cm7

続いてC#7です。
c7

YOUTUTBEに弾語り動画をアップしました

YOUTUBEに尾崎豊の「I LOVE YOU」をアップしました。興味があったら見てみてください。

ストロークは親指でやってます。ポロ〜ンって弦を撫でる感じで弾いてます。このほうが雰囲気でるかな?って思って。ウクレレっぽいコードの響きですねっ。

さいごに

いかかでしたか~?今回はウクレレのバレーコードBm7の押さえ方を説明しました。

Bm7はギターで言うとFのような存在ですねっ。ギターは「エフの壁」で挫折する人が多いですけど、ウクレレは「ビーマイナーセブンの壁」ですねっ。ながっ!

ぜひ練習してみてくださ~い。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて魂で歌ってます。

「人生ってもっとキラキラしていたんじゃないか?」
「本当の自分はどんな顔をしていたんだろう?」
「過去の後悔、未来の不安で押しつぶされそうになる。」
そんなときに聴いてほしい。

iTunes Store、Spotify、LINE MUSIC、Google Play、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする