ギターのAコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説します

こんにちはあまとろです。みなさんは最近どんな音楽を聴いていますか?

僕は90年代のオルナティブロックを良く聞いています。Pearl JamとかRadio Headとか。2019年の今聴いても色あせないと思っているのは僕だけでしょうか?

それでは今回もギターコードについてです。ギターのAコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説していきます。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Aのコードの押さえかたを画像付きで解説

それではさっそくAのコードの押さえ方を解説していきます。以下の6つのコードを順番に見ていきましょう。

Aコードはディミニッシュコード以外はローコードになります。ほぼローコードなのでEやDのように押さえやすいコードだと思います。

A(エー)

メジャーコードと呼ばれ明るい響きするのが特徴です。良く使われる基本となるコードなのでぜひ覚えてください。

下の写真は親指側が6弦になります。

  • 1弦 開放弦
  • 2弦 2フレット 薬指
  • 3弦 2フレット 中指
  • 4弦 2フレット 人差し指
  • 5弦 開放弦
  • 6弦 開放弦

2弦2フレットを薬指、3弦2フレットを中指、4弦2フレットを人差し指で押さえます。指を縦に並べる感じです。1,5,6弦は開放弦を鳴らすので、ミュートしてしまわないように注意しましょう。

Am(エーマイナー)

マイナーコードは暗く悲しい感じの響きがするコードです。短調の曲に使われることが多いですね。

  • 1弦 開放弦
  • 2弦 1フレット 人差し指
  • 3弦 2フレット 薬指
  • 4弦 2フレット 中指
  • 5弦 開放弦
  • 6弦 開放弦

AmはAの押さえたから2弦を1フレットにずらしたフォームになります。

A7 (エーセブン)

Aコードを少し怪しい感じの響きにしたのがA7です。不安定な響きになるので、曲にアクセントを付けたいときなどに使います。

  • 1弦 開放弦
  • 2弦 2フレット 薬指
  • 3弦 開放弦
  • 4弦 2フレット 中指
  • 5弦 開放弦
  • 6弦 開放弦

Aを押さえたのポジションから、3弦の2フレットを離して開放弦にしたのがA7です。4弦2フレットは人差し指または中指で押さえます。

Am7 (エーマイナーセブン)

Amと同じで暗くて悲しい響きがするコードです。Amにアクセントをつけたいときなどに使います。

  • 1弦 開放弦
  • 2弦 1フレット 人差し指
  • 3弦 開放弦
  • 4弦 2フレット 中指
  • 5弦 開放弦
  • 6弦 開放弦

Amのポジションから3弦の2フレットをとったのがAm7になります。

Adim (エーディミニッシュ)

ディミニッシュコードは不穏な響きがするコードです。単調なコード進行に変化をつけたいときなどに使います。

  • 1弦 2フレット 小指
  • 2弦 1フレット 中指
  • 3弦 2フレット 薬指
  • 4弦 1フレット 人差し指
  • 5弦 弾かない
  • 6弦 弾かない

指がこんがらがりそうですね。ディミニッシュコードは何度も練習して慣れるしかないです。5弦と6弦は開放弦でなく弾かないようにしてください。

Asus4(エーサスフォー)

サスフォーは不安定な響きのするコードです。次のコードへ向かう期待感を抱かせるような響きがするためサビの前のコードなどに向いています。意外とよく使うコードなので覚えておくといいですよ~。

  • 1弦 開放弦
  • 2弦 3フレット 薬指
  • 3弦 2フレット 中指
  • 4弦 2フレット 人差し指
  • 5弦 開放弦
  • 6弦 開放弦

Aのポジションに2弦を3フレットにずらしたのがAsus4です。

以上でAコードの押さえかたの説明は終わりです。

まとめ

いかかでしたか?今回はギターのAコードの押さえ方を初心者向けに画像付きで解説しました。Aはディミニッシュ以外はローコードなので押さえやすいコードだと思います。まずはこういう簡単なコードから練習して左手の感覚を養いましょう。

今日のグランジ名盤おすすめはコレ!

歌や演奏に込められた情熱がじかに伝わってような空気感がいい。いつ聴いても熱くなれる一枚。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする