メトロノームでウクレレをチューニングすると耳が鍛えられる

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

実音にあわせるようにすると耳が鍛えられる

こんにちはあまとろです。今回はメトロノームを使ったチューニングに挑戦してみます。 とはいっても音階を鳴らせる機能を持ったメトロノームがないとできないのであしからず。僕が使っているのはSEIKOのメトロノームでカードタイプのものです。

この機種ですが、メトロノームの機能と音階を鳴らす機能があります。色んな拍子に変えらるし、電池の持ちもすごくいいです。毎日1時間くらい使って、2年くらい持つんじゃないかな?ほとんど電池を交換した記憶がありませ~ん。軽くて使いやすくてすっごくいいっす!

%e3%83%a1%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b02

メトロノームを使ったチューニングの仕方

セレクトボタンを押していくと、ビーといって音とを鳴らす機能に切り替わります。CとかEとかアルファベットが表示される画面です。ボタンを押せばCDD#EFF#GG#AA#Bすべての音が鳴らせます。ウクレレは4弦G、3弦C、2弦E、1弦Aなので、まずはボタンを押してGの音を鳴らし、続いて4弦を弾いて音を鳴らします。メトロノームの音に合うようにペグを回してチューニングしていきます。同じようにして3~1弦も行います。

実際の音に合わせてチューニングをするわけですが、この方法何がよいかというと耳が鍛えられるんですね。チューナーを使って合わせる場合はメモリが真中になればチューニングがあっているということなので、目だけで合わせられます。

一方、実際の音に合わせるとなると、耳が必要になってきます。実際の音と比べて、4弦の音は低いのかな?高いのかな?同じなのかな?って。耳を使わなければわかりませんよね?慣れないうちはメトロノームの音でチューニングした後に、チューナーを使って自分の耳で合わせた音が合っているかどうか確認したほうがいいですよ。結構ずれてたりしますからね~。

というわけで今回はメトロノームを使ったチューニングでした。ピアノやキーボードがあればその音にあわせてもいいですね~。


YOUTUBEにメトロノームを使ったチューニング方法の動画をアップしました~。参考にしてみてくださ~い。ではまた。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする