アコギのギター弦の交換方法を初心者向けに解説します【簡単10分でできる】

こんにちは~。あまとろです。今日もロックを聴きながら記事を書いています。

ギター初心者がつまずくポイントの一つ、それが弦交換。買ったばかりのときは弦がついているのでしばらくはいいんですが、いざ弦交換ってなったときに戸惑っちゃうんですよね~。

そこで今日はアコギの弦交換について解説したいと思います。ちなみにアコギとはアコースティックギターの略ですね。んあことぁわかってるよっ!って声が聞こえてきそう・・・

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

アコギの弦を交換する方法

準備するもの

弦を交換する前に以下のものを準備しましょう。ペグ回しはなくてもかまいませんが、あるとラクに弦を巻くことができますよっ。

  • ニッパー
  • ペグ回し
  • 新しいアコギ用の弦

弦を切って取り外す

まずは今ついている弦を切るところからですね。片方の手でネックをつかむようにして弦を押さえます。もう片方の手でニッパーを持って、パチンパチンと切っていきます。

弦を押さえておくのは弦を切ったときに、弦が跳ねて顔などに怪我をしないようにするためです。2017-11-07_10h28_32

ペグホストに巻きついている弦をくるくるっとして全てはずします2017-11-07_10h29_11

続いてブリッジピンを抜きます。ニッパーをブリッジピンに挟んで、テコの原理で下から上に持ち上げるようにすると簡単に抜けます。ボディに傷がつかないように注意しながらやりましょうねっ。
2017-11-07_10h29_49

弦を取り付ける

丸い金具がついているほうをブリッジの穴に入れます。
2017-11-07_10h31_21

さらにブリッジピンを入れます。ブリッジピンはくぼみがあるほうがヘッド側になります。2017-11-07_10h31_49

弦をペグポストに巻きつける

弦をブリッジに入れたら今度はペグポストに弦を巻きつけていきます。巻きつける量なのですが、全部の弦を巻きつける必要はありません。ペグポストに通した長さから+4cmもあれば十分です。

+4cmのですが、次の弦のペグポストを目安にすると良いです。6弦だったら5弦のペグポストの位置で弦を曲げておきます。

先ほど曲げたところで弦をひっかけてペグを回していきます。弦がペグポストに巻きついてきたら弦をブリッジの方向に向かって引っ張りながらペグを回します。

こうすることでしっかりと確実にペグポストに巻きつけることができ、チューニングが安定します。

弦が巻きついたら、不要な弦をニッパーで切ります。切ったあとに飛び出ている部分はニッパーで下に折り曲げておくと、刺さることがないので安全ですよ~。

以上が弦の交換方法でした~。

YOUTUBEの演奏動画を見てイメージをつかんでみる

YOUTUBEでアコギのギター弦の交換方法の動画をアップしました~。動画を見るとイメージがつかみやすいと思いいますよっ。興味のある方は見てみてくださ~い。

さいごに

いかがでしたか?今回はアコギのギター弦の交換方法を初心者向けに解説しました。ギターの弦交換は慣れてしまえばどうってことない作業ですよ~。ぜひチャレンジしてみてください。

ブログを書いているのはこんな人です

CDアルバムをリリースしました!

「ほんの少しの勇氣をあげられたらいいな」
そんな想いを込めて魂で歌ってます。

「人生ってもっとキラキラしていたんじゃないか?」
「本当の自分はどんな顔をしていたんだろう?」
「過去の後悔、未来の不安で押しつぶされそうになる。」
そんなときに聴いてほしい。

iTunes Store、Spotify、LINE MUSIC、Google Play、Amazon musicなど約30種類の音楽配信サービスで聴くことができます。

Album • 2020 • 9 Songs • 22 mins
スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする