人差し指と親指を使ったウクレレのストロークに挑戦!ギターのピッキングとの違いも解説

こんにちはあまとろです。今日はウクレレのストロークにチャレンジしたいと思います。ストロークは親指を使ったものなどいくつか種類がありますが、今回は人差し指のストロークと親指のストロークの紹介です。

はじめの内はしっかり音が出ないかもしれませんが、めげずに練習していきましょうっ。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

ウクレレのストロークの種類

ストロークといってもいくつか種類があります。代表的なのは下の3種類です。

  • 人差し指ストローク 人差し指の爪で弾く
  • 親指ストローク  親指の腹で弾く
  • スラム 小指以外の指を薬指からバラバラに弾く。アクセントをつけるのが目的で使われる

人差し指ストロークをやってみる

それでは人差し指ストロークにチャレンジします。人差し指を伸ばし、中指、薬指、小指は軽く握ります。親指はそのままだら~んとさせておきます。

12フレットあたりを目安に手首を軸にして、人差し指を下に振りぬくように弦を弾きます。 人差し指は弦に対して垂直に当たるようにします。%e4%ba%ba%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%8c%87%ef%bc%91%e4%ba%ba%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%8c%872

この時、手首や指に力が入らないように、脱力を意識してブランブランの状態で行います。手を洗ったあとに水をはじくのに手首をぶらぶらさせるイメージです。

親指ストロークをやってみる

続いて親指ストロークに挑戦です。親指ストロークは親指の腹で行います。親指の腹左半分を使うようにするとよいと思います。基本的に人差し指から小指はウクレレのボディにつけておきます。

親指の腹で弦をなでるようにストロークします。人差し指ストロークに比べ、柔らかいマイルドな音が出ます。単音弾きやコードをばらして弾くときなどに使われることが多いです。
%e8%a6%aa%e6%8c%87%ef%bc%91

ギターとウクレレのストロークの違い

ギターとのストロークの違いは、ギターは肘を軸にして腕を振りぬくのに対し、ウクレレは手首を軸にして手首から先を振りぬきます。ギターの単音弾きやパワーコードを弾くときのピッキングに近いです。

僕は人差し指ストロークに比べ、親指ストロークのほうが難しく感じました。親指ストロークの動きはなかなかギターではやらない動きなので、ギター経験者はやりにくさを感じるかもしれません。

ギター経験者ははじめは戸惑うかもしれませんが、コツをつかんでしまえばそう難しくはないと思います。僕も2,3日したらこの人差し指ストロークに慣れてきました。

さいごに

いかがでしたか?上手くできましたか。

僕はあまり上手くできませんでしたっ・・・。きちんとした音が出ないというか、音にばらつきがでてしまいます。これはもう練習あるのみですね。

YOUTUBEの動画を参考にしてみる

YOUTUBEに人差し指ストロークの動画、親指ストロークの動画をアップしましたので参考にしてみてくださ~い。なかなか難しい~。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする