あまとろくんのウクレレ入門

指使い入りウクレレコード表!押さえ方がわからない初心者にも簡単な番号付き

time 2017/06/26

指使い入りウクレレコード表!押さえ方がわからない初心者にも簡単な番号付き

2017年7月20日更新

こんにちはあまとろです。今日は新しくウクレレのコード表を作りましたので紹介しま~す。以前このブログでコード表を紹介したのですが、指使いが書いてなかったので初心者向けに新たに作ってみました。コードの押さえかたがわからない初心者向けになってま~す。

sponsored link

指使い入りウクレレコード表はこちらから無料ダウンロード

前回紹介したコード表のように、エクセル、PDF、JPGで公開しています。コードを追記できるエクセルファイルが便利ですよっ。

PDFファイルウクレレコード指使い表

エクセルファイルウクレレコード指使い表

JPGファイルウクレレコード指使い表

指使いが書いてあるので押さえ方が簡単にわかる

ウクレレを始めたばかりの頃はまず、「このフレットはドで、このフレットはミで~」っていうようにして1音1音確かめて弾いていくと思います。だいたいポジションを覚えたところで単音弾きで1曲弾くのにチャレンジして、その後コードで弾き語りをやってみる。みたいな流れでしょうかね。

でも初心者のうちってコード表を見てどこのフレットを押さえるのかがわかっても、どの指を使かったらいいかがわからないですよね~。ここがウクレレのつまずきポイントでもあります。コード表に指使いまで載っていたらどんなに便利なことか

でもインターネットで配布されているウクレレのコード表は、押さえ方は載っていても、指使いまで載っているものが少ないですよね。そんなわけで初心者のかたがつまずきポイントを無事クリアできるように、指使いが書いてあるウクレレコード表を作ろうと思ったわけですね~。

指使い入りウクレレコード表の見方

番号が振ってありますが
①は人差し指
②は中指
③は薬指
➃は小指
になります。
同じフレットで番号がすべて同じ場合は1本の指で押さえます。
例えばCm7ならば1弦から4弦の3フレットを人差し指1本で押えます。このように1本の指で同フレット上の複数の弦を同時に押えるコードをバレーコードと言います。

コードの指使いはあくまでも目安

コード表の指使いは目安として参考にしていただければと思います。押え方に無理がなければ、ある程度は自分の押さえやすいやり方でいいと思いますよ~。例えば、C#mですが、

4弦1フレット 人差し指
3弦4フレット 薬指
2弦4フレット 薬指
1弦4フレット 薬指
と書いていますが

4弦1フレット 人差し指
3弦4フレット 小指
2弦4フレット 小指
1弦4フレット 小指
でも良いと思います。

あとD#のようなコードですが、

4弦1フレット 人差し指
3弦4フレット 薬指
2弦4フレット 中指
というように3弦4フレットと2弦4フレットをそれぞれ別の指で押さえています。これはなぜかというと、1本の指で押さえると、その指が4弦に触れてしまい4弦がミュートされて音が出なくなるんですよね。ですが、うまく指を外側にしならせて、4弦に触れないようにすれば以下のような押さえかたでもOKです。

4弦1フレット 人差し指
3弦4フレット 薬指
2弦4フレット 薬指
ちょっと慣れるまでは難しいかな?

 

まとめ

いかがでしたか?あまりカッチリ指使いにとらわれることはないと思いますが、知っておくと便利ですよね。無理のない押さえ方であればOKだと思います。コード表は弾き語りの時に便利なのでプリントアウトして持っておくといいですよ~。

sponsored link

down

コメントする




チューニング



sponsored link

楽器買取ネット