ウクレレコードの押さえかた【Aコード編】初心者向けに画像付きで解説

こんにちはあまとろです。みなさんウクレレやってますか~?僕は最近ギターばかり弾いています。

前回はGコードの押さえ方を解説しました。

Gコードの押さえ方を画像付きで解説していきたいと思います。人差し指で2弦と1弦の1フレットを同時に押さえます。このとき人差し指は立てずに寝かせるようにします。中指は立てるようにして押さえ1弦や2弦をミュートしてしまわないようにしましょう。

今回はAコードの押さえ方を解説していきます。またまた画像付きで解説していきたいと思いますっ。焦らず少しずつコードを覚えていきましょう~。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Aコードの押さえかたを画像付きで解説

それではさっそくAコードの押さえ方を解説していきます。以下の5つのコードを順番に見ていきましょう。

Aは他のコードに比べて押さえる弦が少ないので簡単ですね~。難しいのはディミニッコードだけですね。

A (エー)

メジャーコードと呼ばれ明るい響きがします。一番基本となるコードですね。写真は親指が写ってるほうの弦が4弦になります。

  • 4弦 2フレット 中指
  • 3弦 1フレット 人差し指
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 開放弦

各指は立てるようにして押さえ、他の弦をミュートしないようにしましょう。特に人差し指が2弦に触れてしまいがちなので注意です。

Am(エーマイナー)

マイナーコードと呼ばれ暗い響きがします。

  • 4弦 2フレット 中指
  • 3弦 開放弦
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 開放弦

4弦の2フレットだけを押さえ、あとの弦は開放弦を弾きます。

A7 (エーセブン)

Aコードをちょっと怪しい感じの響きにしたのがA7です。

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 1フレット 人差し指
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 開放弦

Aのポジションから4弦の2フレットを押さえる指を外すとA7になります。

Am7 (エーマイナーセブン)

Amと同じ暗~い響きがするコードです。

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 開放弦
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 開放弦

どこのフレットも押さえず1~4弦の開放弦をポロ~ンと鳴らします。全てのコードの中で一番簡単なコードですよねっ。

Adim (エーディミニッシュ)

ディミニッシュコードは不穏な響きがするコードです。ディミニッシュコードを使うと楽曲がオッシャレな感じになります。

  • 4弦 2フレット 人差し指
  • 3弦 3フレット 薬指
  • 2弦 2フレット 中指
  • 1弦 3フレット 小指

Cdim、D#dim、F#dimと同じ押さえ方ですね。

まとめ

いかかでしたか?今回はウクレレのAコードの押さえかたを写真付きで解説しました。コードの練習はつまんないですけど、弾語りをやりながら練習するなど工夫してみてください。ではまた~。

弾き語りにもソロウクレレにもとっても便利なウクレレコードスタンプ

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする