ウクレレコードの押さえかた【Eコード編】初心者向けに画像付きで解説

こんにちはあまとろです。今日も楽しくウクレレやってますっ。

前回はDコードの押さえ方を解説しました。

ウクレレ初心者向けにDコードの押さえ方を解説していきます。どの指でどのフレットを押さえたらよいかなどを画像付きで丁寧に解説していきますよっ。少しずつコードを覚えて弾ける曲を増やしていけるといいですね~。バレーコードやデミニッシュコードは慣れないうちは難しいですが、練習あるのみですっ

今回はEコードの押さえ方を解説していきます。前回と同じように画像付きで丁寧に解説していきますよっ。EコードはE(イー)が難しい。ここでつまずく人も多いんじゃないでしょうか?

Eコードの簡単な押さえ方は過去の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Eコードの押さえかたを画像付きで解説

それではさっそくEコードの押さえ方を解説していきます。以下の5つのコードを順番に見ていきましょう。

下の写真は親指が写ってるほうの弦が4弦になります。

E(イー)

メジャーコードと呼ばれ明るい響きがします。一番基本となるコードですね。

  • 4弦 4フレット 中指
  • 3弦 4フレット 薬指
  • 2弦 4フレット 小指
  • 1弦 2フレット 人差し指

4弦2フレット、3弦2レット、2弦2フレットという順番で押さえるとやりやすいと思います。3本の指を縦に並べなきゃいけないのが難しいですね。Eコードはウクレレ初心者が上手く押さえれないコードのひとつなんです。

実はEコードは別の押さえ方もあるんです。下の写真のように4弦の4フレットを親指で押さえてしまうんです。指使いはつぎのようにします。

  • 4弦 4フレット 親指
  • 3弦 4フレット 中指
  • 2弦 4フレット 薬指
  • 1弦 2フレット 人差し指

指が長い人は断然、親指を使った押さえ方のほうが楽ですよ。

Eコードはそのほかにも省略コードを使った簡単な押さえ方があります。過去の記事で紹介していますので興味があるかたはご覧ください。

ウクレレのコードで一番難しいといっても過言ではない「Eコード」。このやっかいなEコードの簡単な押さえ方を紹介しま~す。4弦4フレットを弾かない省略系のコードと親指を使った押さえ方があります。ギターでは結構このテクニックが使われます。ジミヘンドリックスなんかもよく親指を使ってましたね。

Em(イーマイナー)

マイナーコードと呼ばれ暗い響きがします。

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 4フレット 薬指
  • 2弦 3フレット 中指
  • 1弦 2フレット 人差し指

3弦4フレット、2弦3フレット、1弦2フレットというように、きれいに斜めになってますね。こういうポジションは押さえやすいんですっ。

E7 (イーセブン)

Dコードをちょっと怪しい感じにしたのがD7です。

  • 4弦 1フレット 人差し指
  • 3弦 2フレット 中指
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 2フレット 薬指

4弦1フレット、3弦2フレット、1弦2フレットの順番で押さえるとやりやすいと思います。慣れないうちは薬指で1弦2フレットを押さえるのが難しいかもしれません。

Em7 (イーマイナーセブン)

Emと同じ暗~い響きがするコードです。

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 2フレット 中指
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 2フレット 薬指

さきほど登場したE7の押さえ方から人差し指を外したコードです。押さえるのは2つの弦なのでそう難しくはないと思いますよっ。

Edim (イーディミニッシュ)

ディミニッシュコードは不穏な響きがするコードです。ディミニッシュコードを使うと楽曲がオッシャレな感じになります。

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 1フレット 人差し指
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 1フレット 中指

先ほどのEm7の押さえ方をそのまま1フレット左にスライドさせたのがEdimです。

まとめ

いかかでしたか?今回はEコードの押さえかたを写真付きで解説しました。Eはウクレレのコードの中でも難しいコードのひとつなので、はじめはできなくて当たり前ですよ~。あせらずゆっくり練習すればいずれできるようになりますよっ。

弾き語りにもソロウクレレにもとっても便利なウクレレコードスタンプ

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする