あまとろくんのウクレレ入門

【ウクレレコードの押さえかた Cコード編】初心者用に画像付きで解説

time 2017/07/23

【ウクレレコードの押さえかた Cコード編】初心者用に画像付きで解説

2017年7月29日更新
みなさんウクレレやってますか~?今日はコードの押さえかたを画像付きで丁寧に解説していきたいと思います。「コード表を見ながらやってるんだけど、イマイチ押さえかたがわからないんだよな~」っていうウウレレ初心者のかた向けになってます。

コードは数が多いので少しづつ分けて説明していきま~す。
今回はCコードです。

sponsored link

Cコードの押さえかたを画像付きで解説

写真ですが、親指が写ってるほうの弦が4弦になります。

C (シー)

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 開放弦
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 3フレット 薬指

メジャーコードと呼ばれ明るい響きがします。一番基本となるコードですね。ウクレレを始めたらまず一発目に元気良く弾きたいコードですっ。1弦3フレットを押さえる指は薬指でなくてもOKです。
M1740001

C m(シーマイナー)

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 3フレット 人差し指
  • 2弦 3フレット 人差し指
  • 1弦 3フレット 人差し指

マイナーコードと呼ばれ暗い響きがします。人差し指1本で、3本の弦を同時に押さえます。慣れるまではちょっと難しいかも。人差し指を4弦に触れないように注意してください。4弦の音がミュートされてしまいます。まあはじめはそれでもOKっ!
S2260001

C7 (シーセブン)

  • 4弦 開放弦
  • 3弦 開放弦
  • 2弦 開放弦
  • 1弦 1フレット 人差し指

Cコードをちょっと怪しい感じにしたのがC7。これも指一本で押さえられるので簡単
M1740003

Cm7 (シーマイナーセブン)

  • 4弦 3フレット 人差し指
  • 3弦 3フレット 人差し指
  • 2弦 3フレット 人差し指
  • 1弦 3フレット 人差し指

Cmと同じ暗~い感じのマイナーコードのCm7。Cmを味わい深くした感じですかね。人差し指1本で全ての弦のを同時に押さえます。慣れるまで難しいと思います。音がかすれたり、違った音が出てしまったりするかと思います。

複数の弦を指1本で押さえるバレーコード

このコードのように指一本で複数の弦を押さえるコードをバレーコードと言います。初心者のかたはこのバレーコードで手こずるんじゃないかな?僕はギターをやっていたのでラクにできたんですが、ギターのバレーコードFはかなり手こずりましたよっ。はじめは挫折しましたもんっ。

さてこの厄介なバレコードですが、人差し指の側面押さえるイメージでやると、けっこう上手くいきます。ヘッド側に人差し指を傾ける感じです。きちんと音が出るまではイラっとするかもしれませんが反復練習あるのみですっ。
M1740004

Cdim (シーディミニッシュ)

  • 4弦 2フレット 人差し指
  • 3弦 3フレット 薬指
  • 2弦 2フレット 中指
  • 1弦 3フレット 小指

ディミニッシュコードは不穏な響きのコードです。ディミニッシュコードを使うと楽曲がオッシャレな感じになります。4本の指を全て使います。指がこんがらがりそう~。
M1740005

まとめ

いかかでしたか?今回はCコードをやりました。バレーコードのCm7がまず第一の壁ですね。あとはCdimも難しいですね。反復練習あるのみですので少しずつ継続して練習してみましょう。ではまたっ。

sponsored link

down

コメントする




チューニング



sponsored link

楽器買取ネット