超有名なギターリフSmoke On The Waterを弾いてみる【初心者向け】

こんにちは~。ロック大好きのあまとろです。今も大音量でロックを聴いていますっ。

今日はギターリフの定番中の定番、Deep Purpleの「Smoke On The Water」の弾き方を紹介します。楽器屋での試し弾きなんかで弾いているのを耳にしたり、テレビCMで使われていたり。誰もが一度は聴いたことがあるであろう有名ギターリフです。

シンプルなんだけど耳に残る印象的で、ギター初心者にもコピーしやすいと思います。では早速やっていきましょうっ。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

Smoke On The Waterのギターリフの弾き方を解説

それでは実際の弾きかたを説明していきます。

4度の和音を使ったリフ

ロックのギターリフってパワーコードを使っているものが多いですが、Smoke On The Waterは4度の和音を使ったリフになってます。
例えばCの音を基準にして考えると

  • C 1度
  • D 2度
  • E 3度
  • F 4度

ですので、Cの音の4度上の音はFになります。この4度上の音を一緒に弾くと4度の和音になります。

ここで下のタブ譜を見てみましょう。始めの音は5弦の5フレットと4弦の5フレットを同時に押さえていますね。

5弦の5フレットはD、4弦の5フレットはG

です。Dの4度上の音はGなので、4度の和音になっていますね。

このようにSmoke On The Waterのイントロのギターリフは全て4度の和音を使っています。

2つの弦を指1本で押さえる

4度の和音は指1本で押さえるのが基本です。

例えば出だしの音は薬指で5弦5フレット、4弦5フレットを押さえます。

次の音は人差し指で4弦3フレット、3弦3フレットを押さえます。

緑の矢印がついているところは薬指、青の矢印は人差し指で弾きます。

各ポジションで使う指の例を紹介しましたが、最終的には自分が弾きやすい指でいいと思いますよ~

ピッキングの時に対象の弦以外はミュートする

ピッキングはできるだけ対象の弦以外は弾かないように心がけましょう。

ただ他の弦に当たらないうようにピッキングすることは非常に難しいので、弦を押さえていない指などを使ってミュートして対象の弦以外は音が出ないようにします。

これはある程度ギターを弾くことに慣れないと難しいと思います。はじめの内は弾くことに精一杯でミュートまで気が回らないからですね。ただこのミュートができるようになれば脱初心者と言えると思いますよっ。

余談ですけどリッチーブラックモアはこのリフを全てアップピッキングで弾いていたらしいですね。アップピッキングならではのノリとか、和音の鳴り方とかにこだわっていたんだと思います。ちなみに僕はダウンで弾いています。

YOUTUBEの演奏動画を見てイメージをつかんでみる

YOUTUBEにSmoke On The Waterのギターリフの動画をアップしました~。動画を見るとイメージがつかみやすいと思いいますよっ。興味のある方は見てみてくださ~い。

まとめ

どうでしたか?Smoke On The Waterはシンプルなんだけど、きれいに弾くのは以外と難しいですね~。ぜひチャレンジしてみてください。

今回はSmoke On The Waterのギターリフの弾き方の紹介でした。

こんな感じで~す。ではまたコンドー!
他にもギター、ウクレレ関係の記事をいっぱい公開してます。興味のあるかたはどうぞ~。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする