すぐに使えるウクレレのチューニング音【チューナーがない場合】

ガネーシャ広告

こんにちはあまとろです。ウクレレを演奏するときに、まずやらなければいけないこと、それは「チューニング」ですよね。

ウクレレ用のチューナーがあれば、それを使えばよいのですが、チューナーをまだ買ってない、なんて方もいると思います。

そんな方に向けて、ウクレレのチューニング音をYouTubeにアップしてあります。

ぜひ使ってみてください。

YouTubeの動画を見て、やりかたがわからない方は、この記事を読み進めてください。

スポンサーリンク
レンタングル大336×280

YouTubeの動画でチューニングをする

ウクレレの基本を知らない方に、まずは、ウクレレ各弦の音について説明しておきます。

ウクレレの弦は、全部で4本ありますが、各弦の音は次のようになります。

ウクレレを持ったときに、自分から見て、一番上の弦が4弦になります。下の画像を見ると、イメージが掴みやすいと思います。

1弦 A(ラ)
2弦 E(ミ)
3弦 C(ド)
4弦 G(ソ)
%e9%9f%b3

動画では、4弦から順番に弾いています。動画で4弦の音が鳴ったあとに、あなたのウクレレの4弦の音を鳴らします。

そして、動画の4弦の音に合うように、弦を絞めたり、緩めたりして音を調整していくのです。これを、4弦から1弦まで行います。

はじめは、動画の音に合わせることが難しく感じるかもしれません。でも、何回もやっていればコツがつかめるようになり、サクッと音を合わせることができるようになります。

動画の音に合わせるやり方の説明は以上です。

ピアノやキーボードなどをお持ちの方は、鍵盤を弾いて、その音に合わせても良いでしょう。

おわりに

チューニングはウクレレ演奏の基本です。特にウクレレは他の弦楽器に比べて、チューニングが狂いやすい楽器です。しっかりとマスターしましょうね。

自分の耳で合わせられるようになることは、とっても大事ですが、チューナーを1つ持っておくと便利ですよ。

ウクレレ専用のチュナーです。ギターを弾かない人はこちらもおすすめ

スポンサーリンク
レンタングル大336×280
レンタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする